池宮加笑講師ブログ

MENU
個人ブログはこちら(^^)

歴史クラス:キリストの布教活動と中世を終えて

IMG_0070.jpg 


昨日は歴史クラスとレベル3クラスでした。
暗黒時代とよばれる中世のヨーロッパの中で活躍する修道会。
ベネディクト会から始まってシトー会、托鉢修道会。
彼らのそれぞれの活動の特徴や服装を学べて、
ワタクシ本人としても実りの多いクラスです(*^^*)
普通の学校では、こんな部分の歴史は学びませんもんね。

そして次回、第3回目はワタクシ個人としても一番興味のあるルネサンスや宗教改革の時代に
入っていきます(^^)

特に興味を持っているのは宗教改革時の思想が、
今の社会経済に通じている部分。
社会学者マックス・ウェーバーの著書を現在要約中です。

この本を読んでいると、アイイスで扱っている近代スピリチュアリズム
7つの信条は、宗教改革の立役者の1人であるカルヴァンの思想からも
ヒントが得られているような気がします。

講師になった頃から、スピリチュアリズム7つの信条の起源を探る学びを深めたいと
考えておりましたが、ようやく、それが出来つつあるように思います。

2時間で、1000年もの時間をヨーロッパ全域で進めてきた1回2回はなかなか大変でしたが、
ミディアムシップに役立つ情報はお伝え出来ているとは思っております。(*^^*)
次回は扱う期間が短くなるので、これまで扱えなかった部分ももう少し扱えたらなぁと
思っております。

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する